マラソンランナー八木勇樹公式サイト

マラソンランナー八木勇樹公式サイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

ブログ 活動報告

ケニアトレーニングキャンプ16日目 ファルトレク/ロバートソン兄弟

2018年1月24日

2018年1/23(火)、本日はファルトレクトレーニングの日だ。メニューは
「one,one,twenty」
ケニアでは略称でメニューを説明する。これは、1分間の疾走時間と1分間の休息期を20本行うという意味だ。そう、先週の火曜日と同じメニューだ。

前回の「one,one」は招集に遅れたことにより、グループでスタートすることができなかったが、本日は早めに出発。ウォーミングアップとしてスタート地点まで5km走る。

今回も前回の木曜日同様200人ほどの大人数だ。前回のように集団に埋もれないようにある程度前の位置を陣取る。
「5・4・3・2・1・」
GO!はない。皆なんとなくスタートする。始めは休息期のため、1分間ゆっくりのペース。しかし実はここからさりげなく位置どりが始まっている。今回は力試し、行くしかない!

1本目が始まった。明らかに長距離選手じゃない人が暴走している。つけない。。。なんとなく先頭集団が形成される。そこのペースにうまく乗って行く。

2本目〜11本目までは、相変わらず疾走時は速い。ついて行くのがやっとだ。そして先頭でペースを上げていた中の20数人ほどが12本終了時点で一気に辞める。前回の木曜日のファルトレクでも辞めていた地点だ。どうやらここで終わる人は終わるらしい。すると、休息期のリカバリーのペースも一気に上がって行く。

13本目からは先頭集団も徐々に離れて行く人が多くなって行く。たまにリカバリーのペースが落ち着くこともあるが、基本はある程度早いので、疾走時に離れたらなかなかついて行くことは難しくなる。

20本目、先頭集団は12人ぐらい。何とかこの集団についていきフィニッシュ。今回は休養をうまくとったことにより、少しゆとりを持って終えることができた。

戻ってきて気がついたのが、写真では少し分かりづらいが、顔も首も土がつきまくっている。水浴びをしてから、少し休憩。
ランチは、ケリオビューにてミーティングを兼ねて。
メンバーは、新さん・Mr.Yanada・ロバートソン兄弟(ニュージーランド出身の強豪選手)・コリン(ゼーン・ロバートソンのフィジカルトレーナー)。

ここで、知らない方もいると思うので、ロバートソン兄弟の紹介を。
Jake Robertson/Zane Robertson
1989年生まれの28歳(私と同い年です。)/双子
◯Jake
→2018年ヒューストンハーフマラソンで並み居る強豪をラスト3kmからのスパートで圧倒し60分1秒で優勝。(レースコンディションは良くなかったため、59分30秒を切る力はすでにある模様)
◯Zane
→2015年丸亀ハーフマラソンで59分47秒で同タイム着差ありの2位。

要するに、非アフリカ系選手で世界に通用している数少ない選手の中で、今大注目の2人である。
そして2人は17歳・18歳にしてニュージーランドからケニアに移り住みトレーニングを行っている。

彼らと話していて感じたことは(英語の理解力に欠けるので何となくの部分が大きいが。笑)、速くなる・強くなるために至ってシンプルに物事を考えている。彼らの目的は世界で活躍すること。すなわちアフリカ勢と互角に戦うために、そして高いレベルへ到達するために必要なことを常に追い求めているということだ。
実際のトレーニングメニューなども聞いたが、そりゃあ強いよなと。しかしそれはいきなりそこに到達したわけではなく、ケニアなどでの(エチオピアでもトレーニングを行うことがある)約10年のトレーニングを経て身につけた力だ。競技者としての絶対的なプライドと覚悟・そしてそれが当たり前なのだろう。微塵も疑問に感じている素ぶりがない。

そして同い年である。彼らは10年以上も前から世界で戦うレベルに到達するためのトレーニングを始めていたのだ。
ロバートソン兄弟のことに関しては、LetsRun.com Japanの記事を前に読んだことで知っていたのだが、記事を通してその人物のトレーニング内容や考えを少しは知ることができるが、実際に会ってみて話してみないと分からないことも多々あるのだと感じた。かなりの刺激になった。

もう一度改めて言うが、私は英語の理解力は乏しい。つまりほぼ雰囲気的なもので感じている。笑
あまりよく分かっていなくても刺激になっているということだ。

昼食後にケリオビューのジムで、Zaneのフィジカルトレーニングを指導しているコリンに指導してもらうことになった。
トレーニングプログラムや・期間の区分け含め丁寧に教えてもらった。コリンは明日帰国するため、このタイミングで会えて良かった。

充実したランチタイムを過ごして帰宅すると、トイレとシャワーがほぼ完成していた。と思ったらどうやら完成らしい・・・(結構適当。笑)
埃が舞い、床はすごく汚れている。どうやら後片付けはこちらの仕事みたいだ。

夕方、マッサージを受けてあとは夕食を食べてホットウォーターで頭と身体を洗います。
(明日から使えるようになるらしいが「明日から使える」というのを先週からずっと言われているので、信用していない。)

ちなみに今日のケリオビューでのランチは肉を注文!かなり美味しかったのだが、注文から出てくるまで1時間かかった。ZaneとJakeは魚料理を注文したが、Zaneはコショウをたくさんかけ途中から何故かしゃっくりが止まらなくなり、Jakeはタバスコをたくさんかけていた。ケニアはどのレストランも注文してから狩りに行ってるんじゃないかってぐらい遅い。。そう思うと、アパートでの食事は快適だ。

次へ続く・・・

 

 

BACK

CATEGORY

最近の記事一覧

活動報告 結果報告

2018年10月28日

横浜マラソン2018 -RDC KENYA-

ブログ 活動報告

2018年10月23日

株式会社ドームとの契約に関するプレス会見

ブログ 結果報告

2018年10月22日

日体大記録会5000m -RDC KENYA-

ブログ 活動報告

2018年10月18日

RDC KENYA メンバー来日!