マラソンランナー八木勇樹公式サイト

マラソンランナー八木勇樹公式サイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

ブログ 活動報告

ケニアトレーニングキャンプ66日目 ロードでのトレーニング

2018年3月15日

2018年3月14日(水)、6時起床。今日は午前中にスピードトレーニング。当初モイベンでのファルトレクを考えていたが、もう少しがっつり身体に刺激を入れたいと思ったのと、レースが近づいて来たので、実戦モードのスピードを身体にもう一度覚えさせようと考え、ロードで行うことに。

イテンはアップダウンのコースが多いので、車で少し移動した場所で行うことに。そこもイテンなのだが、3kmほど平坦でコースをとれる。

ウォーミングアップを行い、いざスタート。

2km+1km SPPED TRAINING in Iten(alt.2400)
-マラソン 陸上 長距離走 トレーニング ケニア-

メニューはペースとゆとり度によって、もしそこまで上げきれなかった場合はプラスしようと考えていた。
今日はEdwinと2人。始めの1kmをEdwinが引っ張ってくれたのだが、2分48秒。

「いやいや、もう少しゆっくりで良かったんやけど・・・」
すでにこの時点で身体が打ち上がりかけている。いつものスピードトレーニングは、タンバッチ(alt.1930)か、モイベンロード(alt.2200)のため、ここらに比べて標高が若干高い。なのにいきなりそのスピードで行ったらそりゃあきつい。。。

結局次の1kmが2分52秒でTOTALが5分41秒。1km〜2kmは中距離走の終盤みたいな感じになってた。笑

そして5分休憩を置いてプラス1km。

とりあえず2kmで動かなくなりかけていたので、この1kmは厳しい戦いになる予感。
前半はEdwinに引っ張ってもらう。そして中盤からは私が前に出る。時計は見ていない。

そして1km走りきり時計を見ると、2分36秒。
「そんな速く走った感覚ないんだけど(速く走れていないと感じていた)」
と思ったが、2kmで筋にかなりの刺激が入ったので、割と体感との違いが出た模様。

ここまで上げれたら十分なので、今日は終了。本当はもう少しペースを落として本数を重ねたかったが、ここまで刺激を入れられたので良しとして、走り足りない分は午後に回すことに。

昼食はジェイクとMr.YANADAと食べる予定だったが、ジェイクの家でということで大変心苦しいが残念ながらお断りをすることにした。
これは以前のブログでも書いているが、私は猫アレルギーで30分同じ空間にいると、目が飛び出すほど痒くなり、鼻水が出てしまう。ジェイクは猫を飼っているため、さすがに楽しいランチの場で制限時間30分でしかも会話を楽しめないとあっては逆に気を遣わせてしまうと思い、その旨も説明してお断りすることに。

夕方は晴れていたので、気持ちよく走ることができた。

夜はありえないぐらいの雷雨で、甚大な被害が出てそうな感じ。もちろん、このアパートの雨漏りもすごいことに。最早雨漏りじゃないぐらいに雨がそのまま落ちてきてます。笑

そんなわけで今日は終わり。

次へ続く・・・

ケニアの高地トレーニングを都心で行うことを可能とした「低酸素RUN」
SPORTS SCIENCE LABはこちらから

BACK