マラソンランナー八木勇樹公式サイト

マラソンランナー八木勇樹公式サイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

活動報告

アルバカーキ合宿

2017年12月15日

アルバカーキ合宿

日時:2017年10月19日〜11月14日
場所:アメリカ合衆国・ニューメキシコ州

今回、アメリカのアルバカーキで約3週間の合宿を行った。アルバカーキでの合宿の目的は、高地トレーニングによる心肺機能などの持久系要素の強化だ。アルバカーキは標高1500m〜1800mのところにあり、今回の拠点はトラムウェイ近くのアパートだ。トラムウェイはアルバカーキの中で最も標高の高い地点(1800m)にあり、これより更に上がって行くには山があるため実質トレーニング環境としては最も高い地点にある。

今回拠点となるアパートは、多くのアパートが集まってできており、数多くの実業団チームも拠点としている。現に私のいた期間でも4チームはここを拠点としていた。アパートは門がありセキュリティもしっかりしており、ジャグジーもある。

また、アパートから歩いて5分ほどのところにスポーツジムがあり、ここを滞在期間中は使用した。ここもまた実業団チームはほとんどが使用している。

アパートから走って2kmほどのところに高校がある。この高校はグラウンドがトラックとなっており、昼休みや放課後は開放しているため使用させてもらった。800mのインターバルや1200+800m+400mのレペティショントレーニングを行った。

また、アパートから約7km離れたところに、アカデミーがあり(標高1600m)アメリカの選手やヨーロッパの選手などは、ここを拠点としている長距離選手が多い。なぜなら、トラック・クロスカントリーといった環境が整っているからだ。クロスカントリーコースは、外周で1周約5kmのコースや内周では1kmや2kmのインターバルトレーニングが行えるようなバリエーションに富んだコースとなっている。

今回の合宿は現地でコーディネートを行っている平田さんのご協力のもと、合宿を行った。最初の5日は時差ボケや高地順応に時間がかかったが、そこからは比較的順調にトレーニングを消化できた。

また、合宿中の中日を利用してサポートしていただいているBOA TECHNOLOGY社の本社へ挨拶へ行った。アルバカーキから本社のあるデンバーまでは飛行機でそんなに時間もかからず到着した。デンバーは標高1600mで実はこちらも高地であり、アメリカの高地トレーニングで有名なボウルダーは、デンバー国際空港から電車・バス・車で移動する。よってデンバーとボウルダーは車で移動すると35分ほどで到着する。

せっかくデンバーに行ったので、現地視察も兼ねて走るところを探すことにした。まず、ロードだと片道で40km以上とれるサイクリングロードがあり、大きな駅「ユニオンステーション」から3kmほどの高校にはトラックがあった。その近くに芝もあり、トレーニング環境としては結構揃っている。また、デンバーは大きな街でもあるため、買い物などにも困らない。何と言っても街並みが綺麗だ。

合宿中は自炊となったが、そんな中、BASE PASTAがあって非常に助かった。調理時間もかからず栄養素もバランスよく入っているため、コンディション維持に役立った。

自分で決めて行う合宿では、いろんなことが大変な反面、自分と向き合ったり新たな発見やスキルが身についたりと良い経験になる。全てをサポートしてもらい、競技だけに専念できる合宿は多々経験してきたが、そこでは得られないものを今回は得られたと思う。そしてそれが競技にも役立つと考えている。

BACK