マラソンランナー八木勇樹公式サイト

マラソンランナー八木勇樹公式サイト

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

活動報告

第1回YRT RUNNER’S FESTIVAL in世田谷

2016年9月12日

2016年9月10日(土)【第1回YRT RUNNER’S FESTIVAL in世田谷】が世田谷区の大蔵運動公園で行われた。

YAGI PROJECTとして初となる大会を開催したわけだが、コンセプトは『個々の競技レベルや目標に合わせた、多くのニーズに応えられる大会』。また、これから走り始める人がランニングや大会に参加することの楽しさを味わってもらえたらと思って企画をした。

大会自体は非公認であるため、公式記録として残るものではないが、今回の大会を何かしらのきっかけとしてこれからに生かしてもらえたらと思っていた。マラソン練習の一環としてのスピード練習、現在の調子や力を判断するバロメーター、友達に誘われたから走ってみようなど。ひとりひとり目標も違えば目的も違う。しかし、そんな中でこの時期にトラックレースを気軽に走れるというのは良い点ではなかったかと思う。

エントリー数は、当日エントリーも含め120人を超えた。15時頃までは日差しも強かったが、3000mの1組目のスタート時刻を過ぎたあたりから徐々に涼しくなっていき、体調不良者が一人も出なかったのは本当に良かった。

自己ベストで走った方が多くいて、走り終わってから嬉しそうな顔や充実している顔を見ていると、こちらも嬉しくなった。一方で自分の走りが出来なかった人のゴール後の悔しそうな顔を見ると、何か自分にできることはないかなと考えたり、ぜひ次回は良い結果が出せるように何かしらサポートが出来ればと考えていた。普段3000mという距離を走る事は少ないと思う。5000mにしても日が落ちてから走る機会もそうそうあるものではない。そういった意味でも参加者の方には良い点を感じてもらえたのではないかと思っている。

私は、基本的にはMCとしての立ち回りが多かったが、3000m最終組と5000m最終組の後半を走った。特に3000mではペーサーとして1着の方の自己ベストのアシストが出来たので良かった。(私は着順はつかないが、記録としては8分28秒)私自身良いスピード練習となった。

今大会は多くのボランティアスタッフによって、大会がスムーズに進行した。ボランティアスタッフの存在なくして今大会は成り立たなかった。素晴らしい写真をたくさん撮ってくださったカメラマンさんも含め、この場を借りてお礼を言いたい。本当にありがとうございました。

 

 

BACK